ロゴ
>お役立ち情報>知ってる?連結納税の良いところと注意したいところ

知ってる?連結納税の良いところと注意したいところ

レディ

連結納税の特徴

連結決算を行うと、複数の会社の業績を一つにすることができます。その場合には、それぞれの会社の所得額と欠損額をまとめて損益決算書にします。それにより出てきた法人税額を親会社がまとめて支払います。それを連結納税と言います。連結決算を行うことにより、赤字会社の欠損額は、他の連結会社の所得額と相殺されて、全体の利益を減らします。そのため節税効果があります。連結決算を行うには、事前にそれを申請しておく必要があります。連結納税は節税ができる良い制度のように見えますが、大幅な欠損金のある赤字の会社を買収して、その損金を利益の相殺に使う例があったために、現在ではそれができないように制度改革がされています。そうした裏技が使えなくなっています。それでも赤字の子会社があるなら、それで利益を相殺できて、節税効果があります。トータルで見て利益を圧縮できる方法です。

パソコンを操作する人

連結納税制度を導入する流れ

連結納税制度を導入するには、事業年度の3ヶ月前から申請が必要になります。まずは連結納税会社の範囲を決める必要があります。100%出資子会社は連結納税の対象になりますが、それ以外の出資割合の会社の場合は、連結しなくても良い場合があります。連結決算の場合は、連結する会社全ての連携が必要になるので、そうした会社間の報告が要求されます。納税する割合をどうするかも決めていかなければなりません。子会社の事業年度を親会社に統一しないといけなくなります。連結の前に、子会社の欠損金や時価評価資産の確認もしないといけません。この時に子会社が含み益を持っていたら、それが明るみに出てきます。隠すことができません。連結納税制度を一度導入すると、それを変えることが難しくなります。東芝とWEC社のように子会社が問題を起こしても、簡単に止めることができません。導入を考える時は慎重にしないといけません。

広告募集中