ロゴ
>トピックス>これで経理の負担が大幅に減る!交通費精算システムに注目

これで経理の負担が大幅に減る!交通費精算システムに注目

電卓

経理担当者の負担を削減するシステム

経理担当者は、毎月給料日前に全社員に支給される給与を精算しなければなりません。特に手間と時間を要するのが、交通費の精算だといわれています。交通費が変動したり、通大金だけでなく出張や営業時に発生した交通費を精算したりしなければならないこともあるので、一人ひとりに支給される金額を導き出すためには大変な苦労が伴います。また、社員の数が多ければ多いほど、計算ミスや申告漏れが発生する可能性が高くなります。その点、交通費精算システムを利用すれば、システムが自動的に交通費を管理してくれるのでミスが発生する可能性を抑えることができます。また、変動する交通費をその都度入力しておけば、月末には自動的に交通費を計算してくれるので、経理担当者の負担を大幅に削減できるでしょう。

交通費精算システムを導入する時の選定ポイント

車のミニチュア

規約を確認する

交通費の精算はお金に関わることなので、交通費精算システムを導入する前に、ライセンスや使用許諾に関して入念にチェックしておきましょう。自社にとって不都合となる規約があると後々トラブルに発展する恐れがあるので、使用許諾の内容が膨大でも一通り目を通しておいてください。

他のシステムと連携できるか

交通費精算システムだけを利用したいという場合にはシステムの内容だけに注目すれば良いのですが、勤怠管理や経理などの他のシステムと一緒に使用したいという場合には、連携が取れるか否かを確認しておきましょう。

自社の問題を解決できるか

事務処理の時間を削減したい、交通費精算のミスを防ぎたいなど、交通費精算システムを導入する理由は企業によって異なります。処理スピードや申請方法などシステムの利便性をよくチェックして、自社が抱えている問題を解決できるか調べてみましょう。

費用対効果

交通費精算システムを導入すると、導入費用や月額使用料が発生します。システムにかけられる予算が決まっているのであれば、使用料金が予算を上まることがないか、確認してから導入しましょう。また、あまりに高額なシステムを導入しても、機能を使いこなせないのでは意味がないので、自社にとって本当に必要な機能だけを備えたシステムを導入するように心がけましょう。

広告募集中